倉俣史郎とエットレ・ソットサス展

February 21, 2011 11:37 am Category:Diary

ご無沙汰しております堀江です。
昨年は、なかなかブログの方更新出来ず、今年こそは皆様に喜んでもらえる様頑張って行きたいと思います。

今年に入り何かと忙しく、去年から動いていたお客様の物件が1件・2件・3件と引渡しが終わり、ちょっとずつ時間が出来ましたので展示会を見に21-21に行ってきました。
僕が、インテリアデザインと言う世界を知る事になる最初のデザイナー”倉俣史郎さん”の企画展でした。

僕が高校生の時、親に内緒で11PMを見ていた時、倉俣さんのVTRが流れ、「すごくカッコイイ仕事があるんだな~」と思い色々調べた事を、今でも鮮明に覚えています。
当時は、もちろんPCなどなく雑誌などで情報を集めるしかなく、僕の実家は田舎ですので身近な人で似たような仕事に関わっている人もいなかったので、すごく苦労しました。
その後、専門学校に入りインテリアデザインの仕事がどのような仕事かちょっとずつ理解してきたつもりでいます。
倉俣さんが亡くなられてから原美術館で「倉俣史郎の世界」を見に行き、凄く刺激を受けて帰ってきた事を今でも忘れません。

当時の事を思い出しながら、今回の企画展を見てまわり懐かしさを感じながら、新鮮さと新たな発見を感じる事が出来た事が自分にとって凄く良かったと思っています。

皆様も時間がありましたら、是非ご覧ください。